【レビュー】三千円でゲット!激安SSDへ換装で10倍快適に。

レビュー

古いPCや、新しくてもHDD搭載の動作が”重すぎる”パソコン。
今回は、実質3,000円程度で入手でき、240GBの大手メーカー製SSDに換装してみました。
意外と簡単に行えるのに、見違えるほど動作が早くなり、ノートPCの快適性が10倍は上がりました。

お得に少しでも安く買うための方法と、実際のベンチマーク結果をあわせてレビューします。

購入した製品名:Crucial SSD 240GB BX500 CT240BX500SSD1

SSDを選んだ基準

数え切れないほどの製品が発売されてきているSSD。
価格以外でどう選ぶか迷うと思いますが、失敗しにくい選び方のポイントをご紹介します。

  • 大手メーカー製であること。(後述)
  • コントローラーが信頼できるメーカーであること。
  • 発売日がなるべく新しいこと。(最長でも3年以内)

この3条件に当てはまる240GB以上で、かつ送料込で安いSSDを探しました。

パッケージ

SSDのパッケージは、とにかくシンプルで低コストな方がいいですよね。
Crusialといえば、紺色のイメージが強いですが、こちらの製品も紺色です。

今回購入したのは、並行輸入のグローバル版です。
少しだけ安いですが、保証期間がなく、初期不良は販売元に交換してもらうしかありません。

 

デザイン

SSDにデザインを求める人は稀だと思いますが、載せてみます。
黒いプラスチック製で、安っぽい感じの紙ラベルが貼られています。
Samsungの金属製筐体に比べると、放熱性が心配にはなりますが、実用上は問題ないはず。

接続は、見ての通りSATAポートで、2.5inchの7mm厚です。

スペック

*製品名:Crucial SSD BX500 内蔵2.5インチ 7mm
*容量: 240GB
*仕様: 読み取り最大: 540MB/秒 , 書き込み最大: 500MB/秒
*インターフェース: SATA 6.0Gb/s
*フォームファクタ: 2.5インチ 7mm 内蔵型SSD
*シリーズ: BX500
*製品シリーズ:Client SSD
*保証期間:3年
*グローバルパッケージ

※DRAMキャッシュ 非搭載型

使い勝手

SSDとしては平凡な速度だが、十分早くて満足

ct240bx500ssd1のCrystalDiskMarkのベンチマーク結果

この手のSSDのベンチマークといえば、もはやおなじみのCrystalDisk Mark
実際に計測してみましたが、爆速ではないものの、価格を考えてもそこそこ優秀な結果でした。
また、速度計測にHP 15s-eq1000というローエンドPC(2020年発売)を用いたので、よりハイスペックPCならパフォーマンスが上がるかもしれません。

【使い方&補足】SSDの速度測定は CrystalDiskMarkを使おう!
新しく購入したHDDやSSDの速度って気になりますよね。 速度計測には、専用のベンチマークソフトを使いますが、いくつか種類があります。 今回は、最も一般的なCrystalDiskMarkについて、使い方と注意点を詳しく説明していきます。...
【レビュー】使える!最安ノートPCは、HP 15s-eq1000で決まり
税込4万円以下ながら、妥協ないスペックが魅力的なHP 15s-eq1000 Full HD液晶×SSD×AMDのミドルクラスCPU搭載で、日常使用にはオーバーなほど。 使い勝手にはかなり満足なのですが、不満ポイントが1つあるのであわせて...

——————————————————————————
CrystalDiskMark 8.0.1 x64 (C) 2007-2021 hiyohiyo
Crystal Dew World: https://crystalmark.info/
——————————————————————————
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read]
SEQ 1MiB (Q= 8, T= 1): 541.947 MB/s [ 516.8 IOPS] < 15436.28 us>
SEQ 1MiB (Q= 1, T= 1): 413.304 MB/s [ 394.2 IOPS] < 2532.42 us>
RND 4KiB (Q= 32, T= 1): 140.177 MB/s [ 34222.9 IOPS] < 912.63 us>
RND 4KiB (Q= 1, T= 1): 20.954 MB/s [ 5115.7 IOPS] < 194.91 us>

[Write]
SEQ 1MiB (Q= 8, T= 1): 470.536 MB/s [ 448.7 IOPS] < 17687.48 us>
SEQ 1MiB (Q= 1, T= 1): 387.740 MB/s [ 369.8 IOPS] < 2699.03 us>
RND 4KiB (Q= 32, T= 1): 175.297 MB/s [ 42797.1 IOPS] < 746.02 us>
RND 4KiB (Q= 1, T= 1): 56.541 MB/s [ 13804.0 IOPS] < 72.07 us>

Profile: Default
Test: 1 GiB (x5) [C: 19% (41/223GiB)]
Mode: [Admin]
Time: Measure 5 sec / Interval 5 sec
Date: 2021/02/21 15:20:04
OS: Windows 10 [10.0 Build 19042] (x64)
Comment: Crucial SSD CT240BX500SSD1 (240GB)

 

MLCだけど、日常使用なら耐久性は問題なし。

SSDの構造的な問題点として、書き換え回数(=寿命)があることが挙げられます。
残り容量が極端に少ないままで使っていると、SSDの寿命が早まり数ヶ月で寿命がくることも…。
240GBのMLCなら、なるべく50GB以上の空き量量を残しつつ使えば、日常使用なら10年くらいは大丈夫だと思います。

2万件程度のレビューを確認してみましたが、不良率はざっと2%以下で安心できると思います。
(不良品にあたった方がレビューを書く傾向が高いため、実際の不良品率よりかなり高く出てきます)

一応、各NAND(チップ)のメリット・デメリットをまとめてみました。

利点 弱点 書き換え回数
SLC 高耐久・高信頼性 高価・低容量 約10万回
MLC 高信頼性のまま低コスト化 SLCよりは耐久性に劣る 約1万回
TLC MLCより更に低コスト化 MLCよりも耐久性に劣る 約4,000回
QLC 徹底した低コスト化 最も耐久性が低い 約500回

Micron製は安心感がある

Crucial® BX500 SSD: 必要不可欠なパフォーマンス

PCに詳しい方でないと馴染みが薄いと思いますが、Crusialは米国Micron社のグループ企業です。
日本のエルピーダメモリ買収でも話題になりましたが、従業員3万人以上の巨大な半導体メーカーです。
”激安SSD”には、素性の知れない中華系ものが多くありますが、大手メーカー品なら安心できます。

コントローラーは、SiliconMotion(SMI)製のSM2258XTを搭載で、ほぼ不安ありません。
(Maxiotek(JMicron)製など、動作不安定な製品を出したメーカーだと不安になります)

SSD換装は、意外と簡単

SSD換装しているところ

SurfaceのようなオンボードタイプのPCではSSD換装は不可能。
ただ、HDD搭載型のノートPCであれば、ほぼすべてのタイプでSSD換装は可能です。
難易度も機種によっては、ネジを1本外すだけでHDD/SSDにアクセスできるので結構簡単。

どうしても自信がないならやめたほうが無難ですが、壊してもよいPCなら苦手な人でも試す価値あり。

パート1/4 – Crucial 2.5インチSSDの取り付け: 準備

 

改善してほしいところ

Acronis True Image for Crucialは今ひとつ

元のHDD/SSDから新しいSSDへ、Acronis True Image for Crucialというクローンソフトで移行可能。
付属するので無料で使えますが、クローン作業は遅い上に、今ひとつ動作が不安定な印象を受けます。
どうせなら、Windows10をクリーンインストールしたほうが確実ですし、後々に安心してPCを使えます。

どうしてもクローンする必要があるなら、HDD/SDDのデュプリケーターを使うことをおすすめ。

 

感想:迷うくらいなら今すぐ買おう

エントリークラスのSSDで、不安になるくらい安いですが品質は十分。
CFD販売(代理店)の国内正規品なら3年保証がつくので初期不良でも大丈夫。(そうそう壊れませんが)
遅くてストレスの貯まるHDDを使い続けるくらいなら、CrusialのSSDに変えてしまったほうが快適。

データを保存することが少ないなら、240GBを買っておけば一生困らないくらい空き容量が残ります。
迷うくらいなら、今すぐ注文してSSDにしてしまいましょう!

購入するには?

売れているので、扱っているお店は多いです。

他の方のレビューもぜひ参考してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました