【レビュー】DJI Osmo Mobile SE はおすすめ!(OM6廉価版)

  • URLをコピーしました!

2022年9月発売の「DJI Osmo Mobile SE」というスマホ用3軸ジンバルを購入しました。
上位機種のOsmo Mobile6譲りの高性能ですが、延長する機能などを省くことで低価格になっています。
仕様に想定外の部分があり困惑しましたが、概ね使い勝手がよく、おすすめできるのでレビューしました。

記事中ではジンバル (Gimbal)と呼ぶ場合もありますが、公式にはスタビライザー (Stabilizer)として扱われています。

DJI Osmo Mobile SE
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ジンバルメーカー最大手のエントリーモデルという安心感
  • 安定度が高く、バッテリーの持続時間が長い
デメリット
  • 少しだけ重たい。15分超えるような撮影だと実質的な筋トレ。
  • 対応スマホが少ない。かなり限られる。
目次

パッケージ

Osmo Mobile SE (2022)のパッケージとMacbook Air M2

Osmo Mobile SE (2022)のパッケージとMacbook Air M2 (2022)を並べてみました。
高さはMacbookと同じくらいあるので大きいですが、正方形のパッケージなので意外とコンパクト。
ジンバルが動作しているところをアップにしてカラー印刷しているので、どう使うのかイメージがわきます。

上蓋を開けると図説とQRコードを読み込むよう指示があります。
気にせず内蓋も外すと、中には専用の布ケースや取扱説明書、シールが入っていました。
さらにスタビライザー本体や、USB Type-Cケーブル、専用三脚は中に丁寧に個包装されて入っています。

デザイン

シンプルで主張しないもののスタイリッシュ、かつ主張しすぎないデザインです。
全体的には薄いグレーのマット調のプラスチック筐体ですが、結構丈夫そうな感じ。
しっかりと作られているので、よほど高いところから落とさなければ壊れなさそうな堅牢性があります。

サイズ感も結構コンパクトで、収納時はiPhone14と比較しても2回り大きい程度です。

スペック

Osmo Mobile 6Osmo Mobile SEDJI OM 5DJI OM 4 SE
重量309g352g290g390g
展開サイズ276×112×99 mm276×112×99 mm265×112×93 mm276×120×104 mm
被写体追尾ActiveTrack 5.0ActiveTrack 5.0ActiveTrack 4.0ActiveTrack 3.0
クイック起動対応非対応非対応非対応
通知パネルありありなしなし
サイドホイールありなしなしなし
軸ロック対応非対応非対応非対応
ショットガイド対応対応対応非対応
延長ロッド内蔵 (215mm)非対応内蔵 (215mm)非対応
バッテリーLi-Po 2S18650 Li-ionパウチ型電池18650 Li-ion
容量2,600 mAh
(9.36 Wh)
1,000 mAh
(7.74 Wh)
1,000 mAh
(7.74 Wh)
2,450 mAh
(17.64 Wh)
動作時間約8時間約6.5時間約6.5時間約15時間
充電時間約2時間約1.5時間約1.5時間約2.5時間
BluetoothBluetooth 5.1Bluetooth 5.1Bluetooth 5.0 LEBluetooth 5.0 LE

使い勝手

30分程度の撮影なら必要十分な高機能

長時間の動画撮影には、スタビライザーは1gでも軽いほうが扱いやすいです。
ただ、ちょっとしたvlog撮影や、運動会の動画撮影程度ならHandyCamいらずな高機能・高性能です。
もはやちょっとした撮影なら、中途半端な価格のHandyCamのようなビデオカメラ買うより高画質だと思います。

もちろん、望遠ズームが必要で強力な手ぶれ補正を求めるなら、空間光学手ブレ補正搭載のHandycam FDR-AX60などを買うか借りるのがベストです。(10万円以上するので、たまに使うだけならレンタル推奨)

設定がわかりやすく、アプリも使いやすい

DJIのアプリ(DJI Mimo)は、ドローン開発で培った技術が使われているだけあり使いやすいです。
顔や物体を認識して追尾する機能も直感的で、スマホ画面をタッチするだけで上下左右方向全てに追従します。
あまりにも高速な移動をすると外れてしまうケースもありますが、その場合は少し距離をおいて撮れば解決です。

折りたたむと結構コンパクト

iPhone14より2まわり大きいくらいのサイズ感

折りたたむ時にちょっとコツがいるのですが、なかなか結構コンパクトになります。
コツがいる部分とは、ジンバルの先端が回転しないように溝が掘られているのですが、時計回りに回転させて入れる時に勢いがつくので少しドキッとします。(言語化するのが難しくて、伝わらりづらくすみません)
折りたたんだ状態なら結構コンパクトになり、三脚と併せてもかさばらないのですが、実は意外とホルダーの収納が大変。

ホルダーをジンバルにセットした状態では、収納時に三脚と干渉しやすいので外したほうがコンパクトです。

ファイル名とフォルダはDJI専用になる

ファイル名は、”DJI_20221001_145707_035_pano”のようにDJIと日付が入ります。
また、末尾はパノラマなら”pano”、動画なら”video”のようにファイル種別が記載されます。
ファイル形式は、iPhoneで撮影してもJPEGやMP4で汎用性が高い形式なので安心して大丈夫です。

このあたりは、純正カメラアプリ以外を使ったときは概ね似た動作だと思うので、特に気にならないかとは思います。
また、どうしても純正カメラアプリを使いたい場合でも、撮るだけならとくに支障なくスタビライザー機能は機能します。

ジンバルモードが4種類ある

  1. フォロー (水平維持モード):パン軸とチルト軸の動きをフォロー
  2. チルトロック:パン軸の動きのみをフォロー
  3. FPV:3軸すべてのの動きをフォロー
  4. スピンショット:左または右に倒してロール軸の回転を制御

4種類のジンバルモードがあり、ステータスパネルで確認できるので直感的。
ほとんどの撮影はフォローモードでいいと思いますが、勝手に変わっていると混乱するのでパネルは便利です。
ちなみに、初めて使うときでもアプリ画面のポップアップで使い方・使い道を解説してくれているので、とくに準備しなくても大丈夫です。

保証があると安心。しかも保険も安い。

実は、スマホ用ジンバルは、メーカーを問わず結構故障しやすい製品です。
外に持ち運んで使う機会が多いうえ、ブラシモーターはちょっとした扱いで意外と壊れます。
1.5万円弱のこのジンバルなら、1割程度の価格で保証に入れるので絶対に入っておいたほうがお得です。

  • Yahoo!ショッピング DJI Care Refresh 2年版 : ¥1,540
  • Amazon.co.jp 3年 長期保証 : ¥1,040
  • Amazon.co.jp 3年 事故保証プラン : ¥1,850
DJI Care Refresh 2年版

参考にDJI公式の”DJI Care Refresh 2年版”に加入してみましたが、これはカードが送られてきます。
購入後30日以内にカード内のコードを使ってWEB登録すれば、2年間は故障時に無償交換対応をしてくれます。
中国語を機械翻訳しただけなので、”シリアルナンバー”が”シリルナンバー”になっていたり、”シャイア”と書かれていたりと滅茶苦茶なのですが、一応滞りなく使えます。

このあたりの中国企業らしい対応が不安な方は、Amazonで購入してヤマト運輸と提携したAmazonの3年保証プランに加入するのがおすすめです。

改善してほしいところ

iPhone13 miniに非対応。Androidはかなり限られる。

購入してずっと謎だったのが、iPhone13 miniで撮影すると左に5°ほど傾いてしまうこと。
まさか発売後1年経っていないiPhoneシリーズで非対応機種があるとは思わず、故障かと思いました。
さらに、Oppo Reno7Aを含む日本向けにローカライズされているAndroidスマホはほぼ軒並み非対応です。

iPhone12 mini以外でも、iPhone SEシリーズはすべて非対応なので注意が必要です。

世代対応機種非対応機種
iPhone8iPhone8 / iPhone8 Plus
iPhoneⅩiPhoneⅩ / iPhoneXR / iPhoneXS / iPhoneXS Max
iPhone11iPhone11 / iPhone11 Pro / iPhone11 Pro MaxiPhoneSE(第2世代)
iPhone12iPhone12 / iPhone12 Pro / iPhone12 Pro MaxiPhone12 mini
iPhone13iPhone13 / iPhone13 Pro / iPhone13 Pro MaxiPhone13 mini
iPhone14iPhone14 / iPhone14 Pro / iPhone14 Pro MaxiPhoneSE(第3世代)
iPhoneの対応機種一覧 (2022/10/01現在)

Androidの場合の対応機種はかなり少なく、Pixel 4~6とPixel 6 Proを除くと日本向けの機種はほぼ皆無です。

参考:DJI OSMO MOBILE SE Mobile Phone Compativility List (PDF)

感想:買ってよかったジンバル

スマホ用ジンバルは以前から他社製品などを触ったことがありましたが、購入したのは初めてです。
初めてでも使い道に迷うことが殆どなく、安定性もトップクラスで価格も安いので満足度が高い買い物でした。

使い方については、Youtube動画でも作例が結構上がっています。
例えば、CreatorsWayさんが上げているジンバルの使い方の説明はかなり分かりやすいです。

比較

DJI Osmo Mobile 6

20,000円前後 / レビュー / 2022年発売

バッテリー持ちのよさと価格を考えると、Osmo Mobile SE (2022)の方がおすすめで万人向け。
OM6が向いている人は、絶対に上位機種が欲しい人や、ロッドの延長機能や軸ロックが必要な人です。
ロッドは20cm延長できるので、背丈よりも高い位置で撮りたいくらいの撮影なら1脚なしでも結構使えます。

購入するには?

売れているので、扱っているお店は多いです。

他の方のレビューもぜひ参考してみてください。

シェアは励みになります。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者情報

Rankmanのアバター Rankman Director

ガジェットブログ運営歴10年+αで、AndroidオタクのWEBエンジニア。
気になるガジェットを見かけると買ってしまう癖があります。(業務用を含めると年200万円ほど機材購入に充てていたことも・・・)
Windows / Macを含む所有機材は詳細ページに書き足してる最中です。

コメント

コメントする

目次