【レビュー】安心×安定なルーターはWSR-1166DHPL2だ!

WSR-1166DHPL2 レビュー

何気に難しいWi-Fiルーターの選び方。
種類が多いし、中国メーカーはセキュリティーが不安だし。
というわけで、「とりあえず買う!」人におすすめが、Buffalo製。

実際に購入したBuffalo WSR-1166DHPL2をレビューしてみます。

パッケージ

WSR-1166DHPL2のパッケージ

WSR-1166DHPL2のパッケージです。
白地に赤がアクセントで、なかなか派手で目立ちます。
情報量多めで、いかにもBuffaloらしいパッケージですよね。

裏面は製品紹介で、Gigaポート(有腺LAN:1,000Mbps)などなど。
IPv6にも対応しているので、IPv4機種よりも長く使えそうです。
また、MU-MIMOに2台まで対応なので、アンテナは3つあるようです。

WSR-1166DHPL2/N開梱レビュー

箱を開けると説明書+SSID・パスワードの紙。
このパスワードは本体にもシールが貼られています。
セキュリティーを考えると、シュレッダーにかけたほうが良さげ。

 

デザイン

無難で主張しないデザイン

プラスチッキーですが、ルーターならこんな感じですよね。
少し灰色のかかった黒で、真っ黒すぎないザラザラした質感。
指で触れてもそこまで指紋が目立たず、ルータにはちょうどいいです。

iPhone SE2より2周りくらい大きい

WSR-1166DHPL2とiPhone SE2比較

ルーター自体は、据え置きの割にはコンパクト。
高さも台座もiPhone SE2と同じ位で、割と省スペースです。
ただ、電源ケーブルのピンがストレートで、後ろに余裕がないと断線が不安。

 

スペック

無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
周波数 2.4/5GHz
無線LAN速度(5GHz) 866 Mbps
無線LAN速度(2.4GHz) 300 Mbps
アンテナ数 5GHz/2.4GHz:2本(内蔵)
ストリーム数 11ac:2×2
セキュリティ規格 WPA / WPA2 / WEP
有線LAN(HUB)速度 10/100/1000Mbps
有線LAN(HUB)ポート 3
無線設定 WPS / AOSS
IPv6
ビームフォーミング
MU-MIMO
MIMO
4K通信対応
中継機能
バンドステアリング
DFS
メッシュWi-Fi
メーカー Buffalo (日本)
サイズ 55x159x130 mm
重さ 241 g

 

使い勝手

十分速くて安定している

Buffaloの受け売りのようですが、実際十分に早いです。
推奨人数4人までとなっていますが、一般的な1世帯なら問題なし。
実効速度自体も宅内LAN内部で300Mbbs以上出ていて、ストレスフリー。

よほど特殊な環境でなければ、不満を感じることはまずなさそうです。

旧ルーターからの交換はボタン押すだけ!

このルーターの売りの「無線引っ越し機能」
旧ルーターからAOSSボタン押すだけでルーターが交換できます。
説明書をさっと見るだけで、数十秒待って完了するのは実にお手軽。

ただ、セキュリティー重視ならPC・スマホ毎に設定したほうがbetterです。

MU-MIMO対応は速くて嬉しい。

MIMOとMU-MIMO

・MIMO:複数のアンテナで送受信を行う1対1の通信。
・MU-MIMO:アンテナ毎に異なる信号を複数の端末へ送受信する1対多の通信。

細かい説明は省略しますが、ざっくりMU-MIMOの方が速いという理解でOK。
そして、MU-MIMOにビームフォーミング機能が入ってると考えると分かりやすいです。
(※概ね正しいですが、厳密に書くと少しややこしいのです)

 

改善してほしいところ

USBポートがほしい。

WSR-1166DHPL2はUSBポートなし

あっても意外と使わないのがUSBポート。
USBメモリを刺してNAS的に使ったり、有腺プリンターをWi-Fi対応できます。
ですが、やはり専用のNASやWi-Fi対応プリンターより遅くて不安定で用途が限られます。

コストカットには十分妥当ですが、やはりある方が嬉しいです。

iPhone 8/SE2と同じ面積が必要

WSR-1166DHPL2は、iPhoneSE2分の面積

台座は、iPhone 8やSE2とほぼ同面積。
本体と一体成型で固定されているので、縦置きしかできません。
また、取り外せないので、わずかですがスペースを少しとりますね。

NECの製品だと取り外して横置きにも対応している機種が多いです。

 

売っているショップ

売れ筋なので、ほぼどの家電量販店でも扱っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました