【レビュー】WDのWDS100T3G0Cで容量upしてみた

WDS100T3G0Cの表面
  • URLをコピーしました!

Western Digital WDS100T3G0CというSSDを購入しました。
WD Greenシリーズなので、最大手メーカーの信頼性とコスパを両立しています。
開梱レビューとベンチマーク結果も載せたので、他の方のレビューと併せて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【レビュー】WD製最安の低発熱1TB SSDで換装してみた コスト削減のためにストレージ容量を抑えがちなSSD搭載のノートPC。 M.2対応なら簡単にSSD換装可能なので、LG GramのSSDを換装してみました。 今回採用したのは”WD GREE...

目次

パッケージ

Western Digital WD Green SN350 NVMe SSD WDS100T3G0Cのパッケージ

”WD GREEN SN350シリーズ”なので、パッケージもグリーンです。
年々コスト削減でパッケージがシンプルになっている気がしますが、必要十分ですよね。
どうせ捨てるか古いSSDの保管箱として使うかなので、もっと小さくてかさばらないほうが便利です。

Western Digital WD Green SN350 NVMe SSD WDS100T3G0Cのパッケージ裏面

裏面も同じシリーズのWDS960G2G0Cと代わり映えしません。
特に特筆するべきような点はないので、製品自体のレビューに移ります。
https://rankman.net/3520/review-of-wds960g2g0c-reasonable-ssd/

デザイン

WDS960G2G0CとWDS100T3G0Cのデザインを比較

同じGreenシリーズのWDS960G2G0Cと比較してみました。
発売時期もほとんど同じですが、意外と基板実装位置もずれています。
Western Digitalロゴの有無など、結構変更されているので工場も異なるのでしょうか?

スペック

公称スペック

メーカー Western Digital (米国)
型番 WDS100T3G0C
JAN 0718037886039
NAND
QLC
容量 1 TB
コネクタ M.2
インターフェース PCIe (PCI-Express Gen3)
プロトコル NVMe
Sequential Read 3200MB/s
Sequential Write 2500MB/s
TBW 100 TBW
Size 80×22×2.38 mm (いわゆる2280)
Weight 7.5g ± 1g
保証期間 3 年

ベンチマーク(実測値)

テスト機材:HP ENVY x360 13-ay0000
(Windows 11 / AMD Ryzen™ 5 4500U / 8GB RAM )
※Windows11はクリーンインストールした状態で測定。

——————————————————————————
CrystalDiskMark 8.0.4 x64 (C) 2007-2021 hiyohiyo
Crystal Dew World: https://crystalmark.info/
——————————————————————————
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read]
SEQ 1MiB (Q= 8, T= 1): 1637.539 MB/s [ 1561.7 IOPS] < 5102.53 us>
SEQ 1MiB (Q= 1, T= 1): 1100.188 MB/s [ 1049.2 IOPS] < 950.37 us>
RND 4KiB (Q= 32, T= 1): 280.618 MB/s [ 68510.3 IOPS] < 455.54 us>
RND 4KiB (Q= 1, T= 1): 33.163 MB/s [ 8096.4 IOPS] < 122.57 us>

[Write]
SEQ 1MiB (Q= 8, T= 1): 1535.492 MB/s [ 1464.4 IOPS] < 5442.05 us>
SEQ 1MiB (Q= 1, T= 1): 925.994 MB/s [ 883.1 IOPS] < 1129.68 us>
RND 4KiB (Q= 32, T= 1): 264.920 MB/s [ 64677.7 IOPS] < 493.59 us>
RND 4KiB (Q= 1, T= 1): 89.015 MB/s [ 21732.2 IOPS] < 45.70 us>

Profile: Default
Test: 1 GiB (x3) [C: 15% (138/931GiB)]
Mode: [Admin]
Time: Measure 5 sec / Interval 5 sec
Date: 2022/01/31 19:48:48
OS: Windows 11 [10.0 Build 22000] (x64)
Comment: WD Green SN350 NVMe SSD WDS100T3G0C

使い勝手

オフィス用&家庭用PCには必要十分な性能

はっきり言うと、このSSDはエントリーモデルのため性能は低めです。
動画編集用、サーバー用、24時間稼働が必要なPC用にはおすすめできません。
でも、オフィス用&家庭用として使うのならば、必要十分でこれ以上はオーバースペック。

なぜかといえば、耐久性(100TBW)、速度ともに普通に使って困ることはないのです。

データ保管用の母艦PCにもおすすめ

Western Digital WD Green SN350 NVMe SSD WDS100T3G0Cの開梱レビュー

WD製最安クラスの1TB SSDというのが最大の売り。
「ノートPCのSSDの換装」というと一見敷居が高いようですが、慣れてしまえば5分もかからずに終わるケースが大半です。
”換装したいPCのシリーズ名+SSD換装”で検索すれば、大抵は先人たちの記録があるので一度確認するのがおすすめ。

1万円以下でSATAより高速なNVMe接続の1TB SSDが手に入るとは、実にいい時代ですね。

付属の”Acronis True Image”だけで6,000円の価値

Acronis True Image (WD Edition)を使えるので、クローン作業が簡単です。
2021年9月現在、フリーソフトに限定すると信頼性が高いクローンソフトはほぼありません。
そのなかで、WD製SSDをPCにつなげば、約6,000円の”Acronis True Image”を使えるのは魅力的。

Acronis True Imageを買うとなると、Amazonソースネクストで6,000円ほどで販売しています。
(1年版だと3,000円、永年版が6,000円ほど)

他メーカーのSSDをクローンしたいときも、WD製SSDをつないでおくだけでAcronis True Imageが動くのでお得です。(正規の使い方ではありませんので、自己責任でお願いします。動作しなくても、当サイトでは責任を負えません。)

TBW(≒公称の耐久性)は低め。だが気にするな!

耐久性の目安となるTBW値が100で、ざっくりいうと書き換え100回で故障します。
つまり、まっさらな状態のSSDに1TBの書き込みを100回繰り返したら、寿命がくるということ。
ただ、このSSDを買うか迷っている方は、プライベート用PCで軽めの使い用途使う場合が大半だと思います。

業務用PCや、動画編集、750GBを超えるような大量のデータ保存目的には絶対に避けましょう。
ただ、ネットサーフィン程度+α程度の軽作業にしか使わないPCなら気にする必要は殆どありません。

改善してほしいところ

もっとパッケージを省スペースにできない?

Western Digital WD Green SN350 NVMe SSD WDS100T3G0Cの開梱レビュー

もともとSSDのパッケージってコンパクトなので、かさばりません。
ただ、10年間で年々小さくなっているので、もうすこし小さくなりそう。
もっと小さい方がエコですし、これから余ったSSDを保管するときにも便利かも。

逆に言うと、これくらいしか改善してほしいポイントが思い浮かびません。

比較

あわせて読みたい
【レビュー】WD製最安の低発熱1TB SSDで換装してみた コスト削減のためにストレージ容量を抑えがちなSSD搭載のノートPC。 M.2対応なら簡単にSSD換装可能なので、LG GramのSSDを換装してみました。 今回採用したのは”WD GREE...

購入するには?

売れているので、扱っているお店は多いです。

他の方のレビューもぜひ参考してみてください。

シェアは励みになります。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットをこよなく愛する管理人。
ガジェットを見ると、とりあえず買ってしまう癖があります。
最近は、AIや3Dプリンターに興味津津。

コメント

コメントする

目次