【長期レビュー】USB延長ケーブルはBuffaloを買えば安心な件

レビュー

今となってはレガシーとなりつつあるUSB Type-A。
いわゆる従来型のUSB端子ですが、まだまだ現役で延長したいことはよくあるはず。
今回は、日本のBuffaloのBSUAA230BSという3mのUSB延長ケーブルを購入しました。

購入して5年使ってみて、べとつきなどもなく安心して使えたので今更のレビューをしてみます。

パッケージ

ごくごくケーブルらしい透明プラスチックに包まれたパッケージ。
Buffalo(バッファロー)なので、コーポレートカラーの赤が基調です。
”A-type オス”と”A-type メス”を写真付きで載せているので、買い間違いしなさそう。

裏面には、4ピンであること、バーコードなどがあります。
JANコード: 4950190184157で、日本メーカーですがmade in chinaです。
小さくですが、「USBケーブルを延長する場合、機器間のケーブル長が5m以内になるようにしてください」とも書かれています。

 

デザイン

”ブラックスケルトン”というカラーで、なんとなく透けています。
昔流行ったな…というデザインですが、枯れたケーブルだけに特に気になりません。
むしろ、5年以上使っていても加水分解で劣化していないことが、長く使う上で安心です。

端子部分は、ステンレスむき出しです。
金メッキではありませんが、特に差が出てくるわけでなく必要十分。
サイズも規格通りで、一度差し込めば不用意に抜けることはなく、固すぎず弱すぎずで十分。

スペック

1.5m版 3.0m版
インターフェース USB 2.0
重さ 55g 115g
型番 BSUAA215 BSUAA230

 

使い勝手

接続安定性:良好

3mという長めのケーブルですが、接続安定性には問題ありません。
USBメモリを接続して速度テストを行ってみても、速度低下は誤差の範囲内でした。
端子部分の物理的な「ハマり」も固めで、勝手に抜けてしまうようなことはまずなさそうです。

結構太めで、ややコシのあるケーブル

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51VjLhwMEaL._AC_SL1000_.jpg

ケーブル自体は柔らかくて、取り回しはしやすいです。
USBケーブルとしては太めで、思い通りにしなるもののコシはあります。
ケーブルに最初からついた癖で動いてしまうほどではないので、絶妙に適度なコシの強さです。

「ケーブル内のナイロンがしなって、シャリシャリ、パキパキ、というような音がする」というレビューもあったのですが、私が使ってみてそのような症状はなかったです。

ただのケーブルなのに、カラバリが4種類ある

 

USB延長ケーブルとしては珍しいのが、4種類もカラバリがあること。
今回購入したブラックスケルトンの他に、ブラック、アイボリー、ホワイトがあります。
ブラックスケルトンも良いですが、キラキラしていて少し目立つので、ブラックのほうが無難といえば無難です。

 

USB延長ケーブルの用途は広い

Brother-justio-HL-L3230CDW review of 1 line lcd

USB延長ケーブルって、何かと使いみちが広いです。

  • 有線プリンターの延長
  • Wi-Fiの受信機の位置を変える
  • 車のリアカメラを接続
  • USBスピーカーの接続
  • ベッドまでスマホの充電ケーブルを延長

汎用性が高いので、USB3.0ケーブルもよいですが、とりあえずUSB2.0規格のケーブルを持つと便利です。

 

感想:安くて必要十分。耐久性あり。

Amazonやヨドバシ.comで数百円で買える安さだけに、気軽に購入できます。
1本持っているだけで何かと後々役に立つので、まとめ買いして予備に持っていても悪くありません。
特に、Amazon合わせ買いで200円くらいのこともあるので、250円を切っていたら迷わずポチるのがおすすめ。

実際、家電量販店で買うと1,000円前後はするので、安ければ買っておきたいものです。

 

購入するには?

売れているので、扱っているお店は多いです。

他の方のレビューもぜひ参考してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました