【レビュー】年2万節約。インクのチップスがおすすめな件。

インクのチップス製トナーのパッケージ2種類 役立つ!お役立ち!

互換トナーというと、「使ったら壊れそう」「色が悪そう」なイメージがありませんか?
先入観があると避けたくなるのですが、印刷コストを削減するのにインクのチップスがおすすめ。
Brotherのトナーで実際に5年以上使って、15個近くリピートした経験からレビューしてみます。

互換インク&互換トナーって?

Brother Justio HL-L3230CDW color cartridges

Amazonや楽天でインク・トナーを検索すると、互換インクばかりヒットしますよね。
もし出なくても、「インクの型番 + 互換」で検索すれば、数十件は出てくるはず。
ただ、互換トナー&インクの選び方は難しく、一度使っただけでプリンターの調子が悪くなることも。

実際に私も互換インクを使ったところ、プリンターの調子が悪くなった経験があります。
ただ、インクのチップスのインクは4年、トナーは5年以上リピートしていますが、ノントラブルです。
私の印象としては、送料込みでもお買い得&高品質なので周りの人にも積極的におすすめしています。

インクのチップスとは??どんな会社?

長州小力さんがマスコットのインクのチップス

有限会社チップスは、渋谷で登記している日本の有限会社です。
2017年頃から、長州小力さんがイメージキャラクターをしていることでも有名に。
互換品メーカーとしては珍しい、ブランドになっているのでちょっとした安心ポイントの一つ。

生産している中国の協力工場は、「ちっぴー店長の工場見学」という記事で紹介されています。

実際に注文してみた

当日発送で、急ぎでも安心

インクのチップス楽天市場支店のスクショ

「インクのチップス」には、本店だけでなく、大手ECサイトにも出店しています。
例えば、Yahoo!ショッピング!店楽天市場支店au PAY マーケット店Amazon店などなど。
この手の大手ECサイトへの出店には審査なども面倒ですが、クリアしているのは信頼できるポイント。

実は、「平日15時まで当日発送」が売りなので、急ぎのときも大丈夫。
(※インクだとネコポスになるので、時間がかかるので注意してください)

佐川急便で配送

インクのチップスから佐川急便で配達された

配送は、佐川急便で、全国一律送料400円(沖縄・離島を除く)です。
普通のダンボール箱で配送されてきますが、箱を見るとステッカーで分かります。

4,000円以上の買い物でも送料無料になりますが、カートリッジ2本以上で無料になったり、キャンペーンで無料になったりすることも多いです。

パッケージは2種類。無垢版とカラフル版

インクのチップス製トナーのパッケージ2種類

パッケージには、「茶無地箱」と「チップスオリジナルボックス」があります。
人気なのは、「チップスオリジナルボックス」の方のようで、カラフルでチップスのロゴ入り。
値段も差がなく、”箱が豪華で満足です”というレビューもあったのですが、少しテカテカしすぎて苦手。

私は、エコのためにも無地の箱のほうが落ち着きますし、好みです。好きな方を選びましょう!

純正トナーカートリッジ のTN-29Jと互換版TN-29Jの比較
左側にインクのチップスから購入した新品トナーを置いてみました。
右側にあるのがTN-29JというBrother純正品のトナーと、そのベースになるドラムです。
純正品には”brother”と大きなロゴがエンボス加工で入っていて、互換品だと型番のラベルシール。

一旦プリンターにセットしたら、後から見ることはないのでどうでもいい部分ですね。

実際にプリンターで使ってみた

インクのチップスのトナーをプリンターに入れたところ

Brother HL-L2330Dという2018年発売のプリンターに導入してみました。
ドラムユニット(DR-24J)へ純正品と変わらないようにセットでき、スムーズです。
ここまでのところで純正品との差を感じる場面がまったくなく、むしろ気づけません。

プリンターカバーを閉じれば、自動で認識が始まり、トナー切れのランプも消えました。

計算結果:どれくらい安くなるか計算してみた

モノクロの場合

モノクロレーザープリンターとして最安のHL-L2330Dを導入しています。
純正トナー(TN-29J)だと、印刷可能枚数は約3,000枚で、店頭実勢価格は8,000~9,000円ほど。
インクのチップス製では、2本セットで約3,000円(税込・送料込)でした。

しかも、Paypay還元分などを加味すると1本あたりの実質価格は1,200円ほど。
どこで利益を出しているのか理解できないほど安いので、お財布にはとことん優しいです。

 

カラーの場合 (HL-L3230CDW)

カラーレーザープリンターとして導入しているHL-L3230CDW(実売2万円強)で計算してみます。
公式のランニングコストは、モノクロ約3.1円/枚、カラー約17.4円/枚。
Amazonで全色トナーを購入した場合で計算してみると、カラー15.4円/枚でした。

純正トナーの価格(店頭実勢)は、7,500~9,000円なので、4本だと約3万円ほどになります。

標準(1,300枚) 大容量(2,300枚) 実売価格の目安
ブラック TN-293BK なし 約8,000円
シアン TN-293C TN-297C 約9,000円
マゼンタ TN-293M TN-297M 約9,000円
イエロー TN-293Y TN-297Y 約9,000円

インクのチップスのTN-293BKとかの4色セット

試しに、Yahoo!ショッピングでの価格を調べてみたところ6,680円(税込・送料込)でした。
ここから、500円OFFクーポンとPaypay還元・Tpoint還元を加味すると、実質5,054円です。
純正トナー1本の半額近い金額で、4本セットを購入できるという”怪しいくらい”激安プライスです。

日によって多少は価格変動があるのですが、かなりお得だということは変わりませんね。

【レビュー】カラーレーザーもBrotherは最高!HL-L3230CDW編
大きくて高そうなイメージのあるカラーレーザー。 今回は、SOHO用にBrother JUSTIO HL-L3230CDWを購入しました。 使い始めて1年+αになりますが、使い勝手が最高なのでレビューしてみます。 ただ、改善してほし...

 

感想:コストを抑えたい人におすすめ!

私の経験上、インクのチップスの製品品質は割と高いので、安心して使えると思います。
ブラザーだけでなく、プリンターメーカーの殆どはトナー/インク代で利益を出しているのは有名な話。
あまりにも互換品トナーが売れすぎるのもメーカー泣かせではありますが、コストは抑えたいですよね。

トナー代の高さに困っているなら、安心のインクのチップス製トナーを使う選択肢もアリだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました