【結論】iPad mini5とiPad 8(無印)で迷った全ての人へ。

レビュー

iPad mini5を発売時に購入し、新たにiPad 8(無印/2020)を追加購入しました。
両方とも使って、iPad 8(無印)のみで十分と感じたので、ちがいと使用感をレビューします。
前半でiPad mini5(2019)とiPad 8(無印)の比較を、後半はおすすめなiPadの選び方を書いています。

☆参考:iPadを最安で買う方法や、iPad 第8世代(10.2インチ)のレビュー記事もしています☆

スペック表で比較!

他のサイトでは、最新のiPad 8とiPad mini5を比較したスペック表を見つけられませんでした。
そこで、未公開情報のRAMなども分析から加えて、Apple公式サイトを参考に作ってみました。
iPad mini5とiPad 8ではかなり似通っているようで、案外差をつけている部分があって面白いです。

というわけで、まずはこのスペック表をざっと眺めてみてください。

iPad mini5(2019) iPad 8 Gen (2020) iPad Air 4 (2020)
Display Retina Display
耐指紋性撥油コーティング
輝度500ニト
Fully Laminated Display
反射防止コーティング
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
Fully Laminated Display
反射防止コーティング
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
LCD 7.9インチ
(比率4:3)
10.2インチ
(比率4:3)
10.9インチ
(比率1.439:1)
解像度 2,048 × 1,536 px
(326ppi)
2,160×1,620 px
(264ppi)
2,360×1,640 px
(264ppi)
CPU A12 Bionicチップ A14 Bionicチップ
M12 Motion Coprocessor
Neural Engine
RAM 3GB 4GB
Lock Touch ID
(第2世代、ホームボタン)
Touch ID
(第1世代、ホームボタン)
Touch ID
(第2世代、電源ボタン)
Camera 8Mピクセル(800万画素)
F値:2.4
Live Photos
オートフォーカス
パノラマ(最大43MP)
8Mピクセル(800万画素)
F値:2.4
Live Photos
オートフォーカス
パノラマ(最大43MP)
12Mピクセル(1,200万画素)
F値:1.8
Live Photos
オートフォーカス
パノラマ(最大63MP)
Focus Pixels
Video 1080p HDビデオ撮影
720p(120fps)Slow motion
ビデオの手ぶれ補正
1080p HDビデオ撮影
720p(120fps)Slow motion
ビデオの手ぶれ補正
4Kビデオ撮影
720p(240ps)Slow motion
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
連続オートフォーカスビデオ
ノイズリダクション
In-cam 7Mピクセル(700万画素)
F値:2.2
Live Photos
1080p HDビデオ撮影
HDR写真およびビデオ
1.2Mピクセル(120万画素)
F値:2.4
Live Photos
720p HDビデオ撮影
HDR写真およびビデオ
7Mピクセル(700万画素)
F値:2.0
Live Photos
720p HDビデオ撮影
HDR写真およびビデオ
Sensor Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
Audio スピーカー×2
デュアルマイクロフォン
ヘッドホンジャック
スピーカー×2(横向き)
デュアルマイクロフォン
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2 Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MIMO対応
802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MIMO対応
802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
MIMO対応
Wi-Fi6
SIM nanoSIM (Apple SIM可)
eSIM
nanoSIM (Apple SIM可) nanoSIM (Apple SIM可)
eSIM
LTE band 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 46 / 66 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21/ 25 / 26 / 29 / 30 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 66 / 71 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21/ 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 46 / 66
Battery ビデオ&WEB: 10時間
(LTE使用時 :9時間)
19.3Wh (5,124 mAh) 32.4Wh (8,686 mAh) 28.6Wh (7,667 mAh)
Size 203×135×6 mm 240×170×8 mm 248×179×6mm
重量 300g
(308g)
469g
(478g)
458g
(460g)
Stylus Apple Pencil (第1世代) Apple Pencil (第2世代)
端子 Lightning USB Type-C
Smart Connector
Keyboard Bluetoothキーボード Smart Keyboard
Bluetoothキーボード
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Bluetoothキーボード
カラバリ シルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ローズゴールド
スペースグレイ
グリーン
スカイブルー
価格 Wi-Fiモデル
64GB:45,800円
256GB:62,800円
Wi-Fiモデル
32GB:34,800円
128GB:44,800円
Wi-Fiモデル
64GB:62,800円
256GB:79,800円
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB:60,800円
256GB:77,800円
Wi-Fi + Cellularモデル
32GB:49,800円
128GB:59,800円
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB:77,800円
256GB:94,800円

※1は、Wi-Fi + Cellularモデルの場合のみ。

 

iPad mini5(2019)とiPad 8(無印)ならどちらを買うか?

持ち運ぶならiPad miniと言われがちだけど…

iPad mini5とiPadの重さ比較

「持ち運びをするならiPadだと大きすぎ」ってよく聞きませんか?
iPad miniを買う前はそう思っていても、iPad miniも案外かさばるし重くて意外と邪魔です。
結局、iPadを見る時ってじっくり見るか、大画面を活かしたい場面なのでiPad miniは中途半端に感じます。

参考に、ケースを付けた時にiPad mini5とiPad 8の重さを比較してみます。
手帳型で1,000円前後のESR社製ケースだと、iPad mini5用が111g、iPad 8用が133gです。
iPad本体と合わせて、iPad mini5が411g、iPad 8が601g。実は、わずか190gしか差はありません。

iPad 8なら税込4万円でお釣りが来るので、比較的ラフに扱いやすいしおすすめです。

 

比較:iPad mini5はどうだったのか

私は、iPadを1台買うなら、iPad 第8世代をおすすめします。(iPad mini5も良い製品ですが)
iPad mini5(7.9 inch)とiPad(無印、10.2 inch)を両方使って、大きい方のiPad押しになりました。
なぜiPad miniより、iPad(無印)を買うべきなのか、という観点からの比較になります。

【必要?】iPad mini5ならポケットに入るが…

「白衣・作業着にもiPad mini5なら入る」その謳い文句に惹かれてminiを買いました。
ですが、実際にポケットに入れるような機会はこの2年間で皆無で、小さいことのメリットは軽いだけ。
せっかくのタブレットPCなのに、PDFを読む時も拡大しないと見ずらいのは案外残念なポイントでした。

作業書に多いA4サイズの書類は、iPad(10.2inch)なら読めても、iPad mini(7.9inch)ではしんどいです。
医師の知人によると、MIZUNOにもiPadが入る白衣のラインナップがあるそうで、結構人気なんだとか。

 

【邪魔!】Apple Pencil(初代)をケースに入れると窩さばる

iPad mini5って、画面比率が4:3と横幅が広く、ベゼルも大きく横に長いです。
それなのに、Apple Pencilを内蔵できるカバーをつけると、正方形に近づいていきます。
そうするとiPad mini5用に設計されたポケットがあっても入らず、機動性がかなり落ちます。

使い倒すならiPad mini5ならケースなしで、極力軽くしないとせっかくの機動性を活かしにくいです。

ベゼルが太すぎ!どことなく野暮でダサいmini。

2020年の時点で、ここまでベゼルが太く、画面占有率70%の低さは時代遅れです。
iPad Pro(11インチ)でも画面占有率83%ですが、Android端末なら90%以上はザラです。
他の記事でレビューしているHuawei MatePad Pro (MRX-W09)の場合だと、ちょうど90%。

最新のAndroidスマホや、iPad Proを見慣れてしまうと、iPad mini5は残念に感じます。

 

iPad(無印)の128GBを買うなら、iPad Air4がいい!

iPad無印128GBとiPad Air4の価格差は1.8万円

当サイトは、iPad(無印)128GBよりもiPad Air4を断然おすすめします。
iPad 8の32GBという容量が少なすぎるから128GBを買うくらいなら、+αでiPad Air4に手が届きます。
そもそも、”自炊ユーザー”や撮りためた写真が多い人でなければ、64GBで十分なことが多いと思います。

一度、iPhone/スマホのストレージ残容量を確認して、64GBで十分そうならiPad Air4にしましょう。
ほぼ同じサイズでベゼルレスで、画面が見やすく、ほぼ全ての性能がアップする分、満足度が高いはず。

iPad Air4は高いけれど、機能も性能もてんこ盛り

iPad Air4なら、4K HDビデオの撮影も編集も

「iPadProはいらない子」なんていう声すら出てきたiPad Air4の登場。
性能面では、3Dスキャン機能(LiDARスキャナ)や倍速表示(ProMotionテクノロジー)くらいの差。
つまり、iPad Pro譲りの性能・品質を誇るにも関わらず、価格はiPad無印2台分よりも安いです。

ちなみに、iPad(無印)よりもアップグレードしたポイントは、数えてみたら20個はありました。
スペック表を見てみるだけでも差は大きいですが、手に取ると未来感が半端ないです。

 

【その他】必ず迷うiPad選びで、他に気になること

Office使うなら、いっそSurfaceにしない!?

仕事でiPadを使う人によく聞かれる一言。それは、「Word/Excel/Powerpoint使えますか?」
結論から言うと、「iPadでもOfficeは使えるけど、仕事用ならパソコンでやるべき」これに尽きます。
iPad用Officeは、ファイル管理がしづらい、レイアウトが崩れる、微妙に機能が足りなくて不便の三重苦。

全く使えないわけではないのですが、使い勝手に自動車と三輪車くらいの差があります。
少しでも仕事で使う人でタブレットがいいなら、迷わずSurface Proをおすすめします。

 

購入するには?

iPadシリーズはやはり売れているので、扱っているお店は多いです。

iPad 第8世代のレビューや、iPadを日本最安で買う方法についても参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました