【2020年版×Best10】エルゴノミックキーボードのおすすめはこれだ!

EZ4-SKB063のデザイン ランキング

最近ますます注目されているエルゴノミックキーボード。
人間工学に基づいてデザインされていてデザインが独特。
慣れれば疲れにくく、腱鞘炎予防にもなります。

今まで4つほど使ってきましたが、正直選び方が難しいです。
調べたり、試用させてもらったりして、おすすめの10個を挙げてみます。

ワイヤレス編

やはりキーボードといえば、ワイヤレスだとすっきり。
選択肢は少々狭まりますが、数売れている機種はワイヤレスが多いです。

Microsoft Surface Ergonomic キーボード  3RA-00017

2019年発売 / レビュー / 14,000円台

Surfaceシリーズのキーボードで、値段の割には結構売れている印象。
BluetoothなのでiPadなどでも使える反面、安定性や反応性にやや欠けます。
新しい機種ですが、他の方のレビューも比較的豊富で概ね好意的な評価が多め。

Alcantaraという高級合皮の素材がSurfaceらしくて肌触りが心地よいです。

メーカー Microsoft (アメリカ)
接続 Bluetooth 4.0
キー配列 日本語配列:3RA-00017
US配列:3RA-00021
キー方式 パンタグラフ型
キーストローク やや浅め
テンキー あり
電源 単4電池×2本
サイズ 22.9 x 46.0 x 3.5 cm
重量 1,012g
特徴 ・Alcantara® 製生地
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場

※英字(US)配列のものもあるので、誤購入に注意。

 

Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard 5KV-00006

2013年発売 / レビュー / 7,000円前後

エルゴノミックキーボードとしてはスタイリッシュ。
ただ、デザインを優先しているように感じられ、個人的には好みではありません。
マウス(L6V-00013)付きモデルなら、レシーバーを1本にまとめれて便利です。

2016年以降の生産なら、AES搭載でセキュリティ万全。
(キーボードからUSB受信機までの通信が暗号化されます)

メーカー Microsoft (アメリカ)
接続 USB (2.4GHz・ワイヤレス)
キー配列 日本語配列:5KV-00006
マウス付属:L5V-00030
マウス付属:L5V-00022 (旧・廃盤)
US配列:5KV-00001
キー方式 パンタグラフ型
キーストローク やや浅め (約2mm)
テンキー あり (外部)
電源 単4電池×2本 (キーボード)
単3電池×2本 (マウス)
ボタン電池 CR2430 (テンキー)
サイズ 20.8 x 38.8  cm (本体)
9.3 × 13.2 cm (テンキー)
重量 819 g
特徴 ・パームリフト
(磁石着脱で角度調整可)
・Home/End/PgUP/PgDnが縦一列
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場

※英字(US)配列のものもあるので、誤購入に注意。

 

Microsoft Sculpt Comfort Desktop L3V-00029

2016年発売 / レビュー / 8,000円前後

着脱式のパームレストの当たり心地よいのがGood。
左右分割式でないので、一般的なキーボードに近いです。
その分、傾斜が弱くてエルゴノミクス感は少し薄めに感じます。

マウス(L6V-00013)も、レシーバーを1本にまとめれて便利です。

メーカー Microsoft (アメリカ)
接続 USB (2.4GHz・ワイヤレス)
キー配列 日本語配列:L3V-00029
キー方式 メンブレン型 (?)
キーストローク やや浅め
テンキー あり
電源 単4電池×2本 (キーボード)
単3電池×2本 (マウス)
サイズ 45 x 33 × 21  cm
重量 807 g
特徴 ・AES(通信暗号化)搭載
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場
NTT-X Store

 

Kensington  Pro Fit Ergo Wireless Keyboard K75401JP

2020年発売 / レビュー / 8,000円前後

2020年現在、一番オススメなのがこのK75401JP
きちんとした日本語配列で、ワイヤレス対応のため人気急上昇中です。
このケンジントン社はトラックボールの老舗で、根強いファンが多いです。

ワイヤレスですが、付属のUSB受信機に加え、Bluetooth接続も可能なのもポイント。

メーカー Kensington (アメリカ)
接続 USB (2.4GHz / Bluetooth)
キー配列 無線タイプ
・日本語配列:K75401JP
有線タイプ
・日本語配列:K75400JP
キー方式 メンブレン型
キーストローク 深め
テンキー あり
電源 単4電池×2本
サイズ 46 x 22 × 4  cm
重量 747 g
特徴 ・静音
・ワイヤレス/有線タイプ併売
・AES対応
・ワイヤレスでのUSB接続可能 + Bluetooth
・防水キーボード
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場

Sanwa Supply  400-SKB063

2019年発売 / レビュー / 7,000円前後

日本メーカーで、ワイヤレスでコスパ重視ならこれ一択。
私もメインで使っていて、手元にトラックパッドがあるのも評価ポイント。
打鍵感は音が軽くて大きめなため、あまり好みではないのですがまずまずです。

トラックパッドの代わりにトラックボール付のSKB-ERG6BKも出ています。

メーカー サンワサプライ (日本)
接続 USB (2.4GHz・ワイヤレス)
キー配列 Sanwa Supply:400-SKB063
esupply:EZ4-SKB063 (OEM)
キー方式 メンブレン型
キーストローク 深め (4mm)
テンキー あり
電源 単4電池×2本
サイズ 52 x 24 × 4  cm
重量 約1,000 g
特徴 ・トラックパッド付
・専用キー
・キー動作力55g
取扱説明書 公式サイトPDF
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場

 

Perixx  PERIBOARD-612BUS

2018年発売 / レビュー / 7,000円前後

ドイツの有名なキーボードメーカー、Perixx
そのペリックスの代表的なエルゴノミクスモデルが512シリーズ。
黒と白から選べて、1500件の圧倒的なレビュー数を誇る人気で安心!

英字配列のみなものの、ワイヤレスか有線で選べるのもGood!

メーカー Perixx (ドイツ)
接続 USB (2.4GHz・ワイヤレス)
キー配列 無線タイプ
・US配列(黒):PERIBOARD-612BUS
有線タイプ
・US配列(黒):PERIBOARD-512BUS
・US配列(白):PERIBOARD-512WUS
キー方式 メンブレン型
キーストローク 深め
テンキー あり
サイズ 51 x 26 × 6  cm
重量 1,180 g
特徴 ・ワイヤレス/有線タイプ併売
・マルチメディアホットキー
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場

 

有線編

マニアックになりがちですが、こだわりの機種は有線タイプが多め。

Kinesis Advantage2

1999年発売 / レビュー / 50,000円前後

高級エルゴノミクスキーボードで最も有名なキネシス。
そのKinesisを代表するのがこのAdvantage2で、20年の歴史があります。
いわゆる”お椀型”の配置で、プログラマーを中心にコアなファンが多いです。

茶軸のノーマルに対し、赤軸は静音で、機能性にも徹底的にこだわった作りです。

メーカー Kinesis (アメリカ)
接続 USB
キー配列 日本語配列:
・赤軸:KB600LFQ-JP
・茶軸:KB600-JP
キー方式 パンダグラフ型
キーストローク 深め
テンキー なし
サイズ 42 x 21 × 7  cm
重量 約1,000 g
特徴 ・縦型のキー配置
・フットペダル(別売)
・キーボード単体でのキーリマップ
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場

 

Kinesis Freestyle2

2013年発売 / レビュー / 15,000円前後

左右分割式のパイオニアがキネシスのFreestyle2
構造が特殊で、左右に分割できるケーブルで繋がっています。
好みに合わせた扇形の配置で手首のダメージを減らす仕組みが斬新。

デザインや使い勝手は個性的で、好みが分かれるなという印象。

メーカー Kinesis (アメリカ)
接続 USB
キー配列 US配列:
・for PC(9 inch):KB800PB-us-9
・for PC(20 inch):KB800PB-us-20
キー方式 メンブレン型
キーストローク 深め
テンキー なし
サイズ 39 x 19 × 2  cm
重量 約1,000 g
特徴 ・ケーブル長20cm (左右間 ※ 9inch)
・専用キー(Copy & Paste)
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場

 

Mistel BAROCCO MD770 RGB

2020年発売 / レビュー / 20,000円前後

左右分離型で最も有名なミステル社のバロッコ。
BAROCCOシリーズで一番新しく、高機能なのがMD770です。
メカニカル型なので打鍵感がよく、ゲーミング用にも使われています。

旧機種のMD650ではなかったFキーが追加され、十字キーも付いています。
今からこのMistel BAROCCOシリーズを買うなら、MD770がベストです。

メーカー Mistel (台湾)
接続 USB Type-C
キー配列 US配列 (85キー)
・Cherry MX 茶軸  :MD770-BUSPDBBA1
・Cherry MX 青軸  :MD770-CUSPDBBA1
・Cherry MX 赤軸  :MD770-RUSPDBBA1
・Cherry MX クリア軸:MD770-WUSPDBBA1
・Cherry MX 静音赤軸:MD770-PUSPDBBA1
キー方式 メカニカル型
キーストローク やや浅め
テンキー あり
サイズ 32 x 14 × 4  cm
重量 810 g
特徴 ・左右分割式
・バックライト(LED発光モード)
・PBT2色成形キーキャップ (文字がかすれない)
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場

Microsoft Ergonomic キーボード for Business* LXN-00018

2019年発売 / レビュー / 5,000円台

法人向けで2019年発売の新しいキーボード。
黒が基調で、オフィスになじむデザインが特徴。
Office、絵文字、検索、メディアの専用デスクトップキー付きです。

簡易包装で地球環境にも優しいです。

メーカー Microsoft (アメリカ)
接続 USB
キー配列 日本語配列:LXN-00018
キー方式 メンブレン型 (?)
キーストローク やや浅め
テンキー あり
サイズ 49 x 26 × 6  cm
重量 1,020 g
特徴 ・専用キー
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場

 

Sanwa Supply  SKB-ERG5BK

2018年発売 / レビュー / 5,000円前後

とにかくコンパクトで一体型で選ぶならこれ。
赤いトラックボールが付属し、単体で操作が完結します。
スクロールホイールの位置が絶妙で重宝します。(スクロール感は改善希望)

トラックボールを省いたSKB-ERG3BKというモデルよりも断然おすすめ。

メーカー サンワサプライ (日本)
接続 USB
キー配列 日本語88 (標準109Aより少ない)
キー方式 メンブレン型
キーストローク 深め (4.5mm)
テンキー なし
サイズ 35 x 22 × 4  cm
重量 790 g
特徴 ・トラックボール付
取扱説明書 公式サイトPDF
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
・楽天市場

 

 

 

廃盤済モデル

歴史が長かったキーボードについてまとめます。
現在は扱っているお店が極端に少なく、中古品であっても入手困難です。

Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000 B2M-00029

2012年発売 / レビュー / 7,000円前後

Microsoftで一番歴史が長いのがこの4000シリーズです。
以前はワイヤレスタイプも出ていたのですが、有線タイプのみ残りました。
4000以上のレビューがある売れ筋で、以前は筆者もメインで使っていました。

キーストローク(押し込む深さ)が結構あり、一昔前のキーボードのほうが好みな人に向いていると感じます。

メーカー Microsoft (アメリカ)
接続 USB接続
キー配列 日本語配列:B2M-00028 (旧型)
日本語配列:B2M-00029 (新型)
US配列:B2M-00012
キー方式 パンタグラフ型
キーストローク 深め
テンキー あり
サイズ 22.9 x 46.0 x 3.5 cm
重量 g
特徴 ・中央にあるズームボタン
販売店 Amazon.co.jp
Yahooショッピング
楽天市場

 

その他 (廃盤済/おすすめ外など)

補足

Microsoft はエルゴノミックキーボードが多い。

Microsoft はエルゴノミックキーボードの種類が多いです。
これらは、Surface、Sculpt、Natural、Comfortの4系統に分類されます。
似た名前で混乱しますが、同じ系統なら似た種類ですので参考にしてみてください。

おすすめを3つに絞るならこれ!

結構種類があって迷うと思います。
ただ、もしおすすめを3つに絞れと言われれば、この3つです。

今まで色々試してきましたが、実はKinesis Advantage2が一番好みです。
5万円近くする上に有線で、場所も取るし、「変態!キモい」と言われがちですが…笑
指の腱鞘炎に悩まされている場合には、ぜひ一度エルゴノミックキーボードを試してみてください。

痛みは0にはなりませんが、まず間違いなく軽減されると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました