Windowsでスクリーンショットの撮り方は?

Services

急に撮りたくなるスクリーンショット。
Windowsで撮る方法って色々あるって知っていましたか?
専用ソフトを入れなくても、実は結構便利なやり方があります。

最近知って、なかなか”使える”のでご紹介します。


スクリーンショット(Screenshot)編

PrintScreenを押してペイントに貼り付け

”PrintScreen”のボタンを押せばスクリーンショットを撮れます。
このままではコピーされた状態なので、クリップボードにあります。
ペイントに貼り付けて保存するという手順になります。

”PrintScreen”キーは、”PrtScn”などと略されることも多いです。

”Alt+PrintScreen”キー

”Alt+PrintScreen”は、”アクテイブウィンドウ”のみ撮れます。
後から切り抜く必要がなくなります。
ただし、同様にクリップボードにあるだけで、保存はされません。

 

”Windows+PrintScreen”キー

”Windows+PrintScreen”で、自動保存されます。
ペイントなどに貼り付ける必要がないので手間がかかりません。
ただ、クロップ(切り取り)などをするには、他のソフトが必要です。

他のPCで操作記録を撮る必要があるときに便利です。

 

 

”Win+Shift+S”の同時押し

Windows10からの新機能の”切り取り&スケッチ”
”Win+Shift+S”キーの同時押しで起動できます。
ペンやマーカーを引いたり、定規・分度器も使えます。

3秒後・10秒後に撮るという機能は何気に重宝します。

 

スクリーンムービー(Screen-movie)編

Powerpointの画面録画を使う

意外と知られていないのがPowerpointの画面録画。
結構優秀で、画面全部でなく、指定した一部分だけ録画できます。
操作も簡単で、ポインターの録画の有無、音声の録音もできます。

”挿入”タブの右端にある”画面録画”をクリックして使います。
動画は右クリックして、”メディアに名前を付けて保存”で.mp4保存できます。

 

”Windows+G”キーで、ゲームバー

”Windows+G”キーで、ゲームバーを開き、真ん中の録画ボタン[●]で開始。
■を押すと、ビデオフォルダーの”キャプチャー”に自動保存されます。
マイクを使って話した内容を録音もできるので、操作説明にも使えます。

専用ソフトほどの使い勝手はないですが、手軽に使えて汎用性が高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました